Menu

神社保育

Home
鎮守の森といわれる神社の森は、今も昔も人々の憩いの場であり、子どもたちの遊びの場としても親しまれてきました。
子どもたちにとって、森は不思議な国の入口。太陽や風も、森の中にいるといつもと違って感じられます。
木や草や石ころ、それに虫たちと遊ぶのもとても楽しくて気持ちがいいですよ。
森を探検してみましょう。
今まで出会ったこともないようなワクワクする遊びがたくさん待っています。

森で育つ優しいこころ

都会の喧騒の中に居ても、懐かしい日本の里山を思わせる神社の森。
神社保育の幼稚園の鎮守の森には日本人のふるさとがあります。

四季の風を感じ樹木や草花と触れ合い、そこに生きる小さな生き物たちから命のつながりや尊さを知り、子どもたちの優しいこころが育っていきます。

社で育つ温かなこころ

神社は開かれた場所で、普段から近くの人が参拝に訪れ、お祭りには大勢の人々が集まります。
先生や友だちだけではなく、神社を訪れるさまざまな人たちとの触れあいを通じて、子どもたちは人と人の温かい結びつきを経験することができます。

日本の行事を大切にしています

私たち日本人の暮らしには四季折々の様々な"まつり"があります。
中でも子どもが主役のまつりには、子どもの成長を神さまに感謝し、健康を願うという昔から変わらない親の気持ちが込められています。
神社保育の幼稚園では、毎日の活動の中にそんな行事を楽しく取り入れています。

神社でのお参りや行事を通して、子どもたちが正しい礼儀や作法を学ぶことができるのも、神社保育の特徴です。